顎ニキビ 治らない

繰り返す顎ニキビをなんとかしたい

顎にできてしまったニキビに悩んでいる人は多いです。
そして、この顎ニキビは一度治ったと思ってもまた繰り返すように何度もできてしまうこともよくあります。

 

肌トラブルが起こる原因はいくつかあり、そのうちの一つに日常的な癖があります。

 

普段から頬杖をつくことが癖になってしまうと、触れたところに細菌が入ってしまい、
ニキビが悪化したり、治ったと思っても繰り返してできてしまう原因につながります。

 

他にも、顎ニキビの原因にはホルモンバランスの乱れがあります。

 

これは大人になってからできるニキビ特有のもので、睡眠不足やストレス、
女性ならば生理の影響でホルモンバランスが乱れてしまい、その結果顎にニキビができてしまいます。

 

このホルモンバランスの乱れを正常に戻すためには睡眠をしっかりとったり、
リフレッシュの時間を確保するなど、ストレスをなるべくためないように心掛けたり、
女性ホルモンを安定させるローズの香りを身近に置くことで、ホルモンバランスを正すことができます。

 

他にも、食べすぎや便秘、冷えておなかを下したりといった胃腸のストレスも
顎ニキビの発生や繰り返しにつながります。
そのため、規則正しい食生活や、食物繊維を意識して摂取することが大切です。

ニキビは、脂分が多いとできやすいイメージがあります。
しかし、乾燥肌の場合でもニキビができてしまう場合があります。

 

ニキビは、主に毛穴がつまることが原因です。
皮脂が通常より過剰分泌されてしまうと、皮脂が毛穴に溜まりやすくなり、毛穴がつまります。

 

乾燥肌の場合では、皮脂の分泌量が少ないため、
本来、肌の保護をする役目である皮脂膜が十分ではありません。
そのため、肌が乾燥しやすい状態になります。

 

肌の水分が蒸発しやすく、水分が少なくなった角質が硬くなってしまいます。
それに伴い、毛穴もだんだん小さくなってしまうため、
少量の皮脂でも毛穴がつまる原因となってしまいます。

 

普通の肌でも乾燥肌の場合でも、ニキビの原因は同じで毛穴が皮脂によりつまることです。

 

対策をする場合には、乾燥肌の場合、不足している水分を補給し、
皮脂膜の足りない分を補うことが大切です。
化粧水などでしっかりと水分を補い、また保湿用のクリームなどを使い、肌の乾燥を防ぎましょう。

 

また、肌をきれいに保つためには、洗顔時でも洗いすぎなどは注意しましょう。
洗いすぎることで、肌にダメージを与える場合がありますので、適度に汚れを洗い流すよう心がけるようにしましょう。